江戸流手打ちそば 二・八の会

江戸流手打ちそば「二・八の会」のブログです。そば打ちのイベント情報やスケジュールを更新致します。

カテゴリ: そば打ち効能・雑学

                     江戸流手打ちそば二・八の会 理事 松本 明

4そば打ち『そば打ちはそば打ちと脳の老化防止(第Ⅰ回)と(第Ⅱ回)』
記した
栄養を摂る運動する頭を使う社会生活を営むという
条件を見事に備えていると思われる。

そばは必須アミノ酸のリジンを豊富に含んだ蛋白価の高い食物
である。そばの澱粉はレジスタントスターチとしてグライセミック
インデックス(GI値)が低く、食後のインスリンの負荷を軽減して
いる。 糖尿病の人ではアルツハイマー病の発症が2倍に増える
ことが知られているので、高齢者の血糖値の管理は非常に重要
である。 また、抗酸化作用・抗炎症作用があるといわれている
フラボノイドの一種のルチンを多量に含んでいる。

手先だけ動かすことではコシのある美味しいそばを打つことは
できず、足腰を使った全身的なバランスのとれた運動が水回し、練り、延し、切りというそば打ちの
各工程に不可欠である。

そば打ちの各工程は高度な知的作業で、感覚、運動、思考、意思決定などを司る脳機能全般を
フルに活性化させないとそばは打てない。そば粉の匂いを嗅ぎ、水回しや練りの具合を肌で
感じ、
生地の厚さを目で確認し、包丁さばきの音を聴きながら全ての感覚を統合して思考し、
意思決定を下して身体全体を動かすことによって美味しいそばが打てるわけである。

そして、そば打ちや打ったそばを食するとき、そば談義に花が咲いて人的交流が深まり充実した
社会生活を送ることができる。そばの味覚も脳を刺激する。

全国津々浦々コンビニのように気軽にそばを打てる環境作りが望まれ、それが脳の老化防止の
一助になることを期待する。                                                  (完)                                     参考書:「ブレイン・ルール 健康な脳が最強の資産である」、東洋経済新報社

 3回に分けて掲載致しましたがいかがでしたでしょうか。 今は非常事態の時ではありますが、早く収束し、またみんなで
 楽しいそば打ちが早く再開できることを切望しています.                      ブログ担当

                    江戸流手打ちそば二・八の会 松本 明

. 頭を使う

2
頭を使わなければ日常を過ごすことはできないが、積極的に問題を解決するような頭の使い方
が肝要である。 ポテトチップスを食べながら寝転んでテレビを見るのはあまり勧められない。
事実、高齢者が13時間半以上テレビを見ると認知機能が低下するという報告がある。 しかし、
必ずしも高度な知的作業をすることで頭を使う必要はない。 高齢者がクロスワードや数独と
いった簡単なパズルを規則的にすることでどれだけ認知機能が向上するか調べたイギリスの
研究がある。クロスワードパズルでは文法的推理能力、パターン認知能、注意力に向上が認められ、
数独パズルではエピソード記憶、空間認知能、注意力、処理速度に向上が認められた。
いずれの能力も10歳程若い人の値に相当するという。

. 社会生活を営む
3
図のように豊かな環境で育てたネズミの大脳皮質は普通の状態で育てられたネズミのそれより
厚くなっていた。 これは1960年代初頭の実験結果であるが、その後刺激に富む環境が実験動物
や人の脳を活性化するという幾多の研究成果が蓄積されている。

高齢者を3年に渡って調べてみると、友人や家族と過ごすことやボランティア活動への関与が
少ないうえに脳内にアミロイドβの蓄積が多いほど認知機能の衰えが著しかった。
また、活発に社会活動していた高齢の修道女の脳を剖検したところ、脳内に老人斑が認められ
ても認知症を発症することはなかったという報告もある。これらの知見は、社会活動が認知機能
の維持に重要な役割を果たしていることを示している。 社会から隔絶されたドイツの南極基地で
14ヶ月過ごした探検隊員を調べてみると、学習や記憶を司る海馬に萎縮が認められ、血液中の
脳由来神経刺激因子(BDNF)量が低下していたという面白い報告もある。
                                     参考書:「ブレイン・ルール 健康な脳が最強の資産である」、東洋経済新報社


                                          江戸流手打ちそば二・八の会 理事 松本 明

日本は長寿国であるが、健康で長生きする秘訣の一つとして脳の老化防止が挙げられる。
今までの研究成果から、
. 栄養を摂る   Ⅱ.運動する   Ⅲ.頭を使う   Ⅳ.社会生活を営む という四点が脳の
老化防止に役に立つと考えられている。

筆者の知る限りそば打ちが脳の老化防止に役に立つという報告はまだないが、

上記した四点の事例からそば打ちによる脳の老化防止の可能性を探ってみたい。

今回から3回で掲載します。ぜひご参考になさっていただければと思います。

そば打ちと脳の老化防止  (第Ⅰ回) 

. 栄養を摂る

健全な食生活が脳全般の健康維持に大切である。欧米の研究から、果物、野菜、シリアル、
ナッツ、魚類、オリーブ油などを中心とした地中海沿岸地域の食品が注目を集めている。
これは脳の老化防止のみならずガン、生活習慣病や循環器系の疾病の発症を減少させて
いる。果物や野菜に豊富に含まれるフラボノイドは抗酸化作用・抗炎症作用を持つといわれ
ている。フラボノイドに属するケンペロール、ミリセチン、イソラムネチンを高齢者に施すと
アルツハイマー病の発症率が減少することが最近分かった。また、魚類に多く含まれる
オメガ3脂肪酸のドコサヘキサエン酸やエイコサペンタエン酸を摂取した高齢者の脳を
磁気共鳴映像法(MRI)で調べてみると、加齢による脳の萎縮が抑えられていたという報告
がある。

. 運動する

2運動

運動すると脳が活性化する。左図は(左)運動していない時、(右)運動して
いる時の脳のグルコース消費量を示したもので、赤が最も消費量が高い。
グルコースは脳の栄養源で、この消費量高いとその脳の部位の活動が
高いことを示している。

高齢になると認知機能が低下し、認知症を発症する危険性が
増える。しかし、高齢者が運動することよって学習や記憶を
司る海馬の体積が増加し、学習・記憶能力が改善することが分かった。この時血液中の脳
由来神経刺激因子(BDNF)も増加していたという。BDNFは脳で作られ、神経細胞の生存や
機能に重要な働きをしている。最近の研究によると、運動することによって筋肉ではイリシン、
骨ではオステオカルチンという物質が作られ、それらが脳の海馬に運ばれてBDNFの産生を
促し神経細胞を活性化しているらしい。抗酸化作用のあるアスタキサンチンを摂って運動
すると、単独より海馬の活性や認知機能の改善に相乗効果が認められたという筑波大学の
ネズミの実験がある。
                               参考書:「ブレイン・ルール 健康な脳が最強の資産である」、東洋経済新報社  
  


↑このページのトップヘ